日常の出来事などを、思いつくままに書いています。 子供の行事、コンピュータ、映画、音楽、ダイエットなど。 アフィリエイト、ネットビジネス情報もあります。
思いつくままに
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
VirtualPC上のXPにcoLinux
2007-06-20-Wed  CATEGORY: コンピュータ
Linux環境を構築したくなったので、まずは現環境の整理から。

プライベート用環境
 windowsVista Ultimate 64Bit

仕事用環境
 VirtualPC上にWindowsXP

という構成になっている。

ここにLinux環境を乗せるためにやったこと。

1、VirtualPCにLinuxをインストール
 VineLinux4をインストールしたけど、
 面倒くさがりなので、
 いちいちVirtualPCのXPとLinuxを起動するのは、
 いやだった。
 別の方法を模索することに。

2、WindowsVistaにcoLinuxをインストール
 インストールは成功したけど起動できない。
 ここでも面倒くさがり根性丸出しで、
 早々にあきらめ。

3、VirtualPC上のXPにcoLinuxをインストール
 インストール、起動ともに成功。
 今のところは特に問題なさそうなので、
 この状態で環境構築をしていくことに。


ということで、
3、のメモをまとめておくことにする。

1)coLinuxのインストール
 coLinuxは、
 coLinux-0.7.1-20070326.exe
 をインストール。

2)使用イメージ
 実行するイメージファイルは、
 Debian-4.0r0-etch.ext3.1gb.bz2
 をし使用。

3)初期の設定ファイル
 設定ファイルの内容は下のような感じ。

kernel=vmlinux
cobd0="D:\\virtual\\colinux\\Debian-4.0r0-etch.ext3.1gb"
root=/dev/cobd0
ro
initrd=initrd.gz
mem=64
eth0=slirp
eth1=tuntap

 とりあえず動かすことが前提なので、
 メモリも少な目、swapも無し。

4)実行確認
 colinux-daemon.exe @d:\\virtual\\colinux\\debian.conf -t nt
 で実行。

 うまく動いた。

5)debianのネットワーク設定
 設定ファイルを見てわかるとおり、ネットワークは、
 slirp、tuntapの2本立て。

 slirpはdebianからのインターネット接続用
  ・こっちは特に何もせずにインターネット接続OK

 tuntapはホストのXPからの接続用
  ・XP側のTAPネットワークのIPアドレスは
   「ネットワーク接続」の「TAP-Win32 Adapter V8 (coLinux)」
   のプロパティで設定
  ・debianのeth1のIPアドレスを
   /etc/network/interfaces
   以下のように設定を追加。
   viがまだ入っていないので、nanoで編集。

------------
auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.XXX.XXX
netmask 255.255.255.0
------------

  ※IPアドレスは、XPとdebianで通信できるように振る。

6)XPからログインするためにsshをインストール。
 XPはTera Term Professional Version 4.50(SSH2、UTF-8対応)
 を使用するため、debianにsshをインストール。
 
 インターネットへの接続は確認できているので、
 apt-getでさくっとインストール完了。

7)XPからの接続確認
 XPからTeraTermでログインを確認。

 問題なし。

8)debianに日本語環境をインストール。
 ・まずは、時刻を日本時間にするために、
  tzconfigでタイムゾーンを変更。
 ・Xなどは使う予定は無いので、
  apt-get install language-env manpages-ja user-ja ja-trans
  をインストール。
 ・システムのlocaleを設定
  dpkg-reconfigure locales
  でUTF-8を選択。
 ・ログイン用ユーザの環境を日本語にするために、
  user-ja-confを使ってみる。
  が、これってEUC専用?
  よくわからないので、user-ja-confでとりあえず設定後に、
  .bashrcのLANG設定をUTF-8に変更。

9)日本語環境の確認。
 man ls で日本語のマニュアルが表示されることを確認。

10)XPのサービスへ登録。
 debianをshutdownして、
 colinux-daemon.exe @d:\\virtual\\colinux\\debian.conf --install-service
 XPのサービスへ登録。
 サービスの起動を「自動」に変更して、XPを再起動。

 TeraTermでログインし、動作確認。

11)swap、/varディスクデバイスの追加
 ・fsutil file createnew swapfile.bin 134217728
  でスワップ用ディスクデバイスファイルを作成。
 ・fsutil file createnew varfs 2145386496
  で/var用のディスクデバイスファイルを作成。

 debian.confに以下を追加、
---------------
cobd1="D:\\virtual\\colinux\\swapfile.bin"
cobd2="D:\\virtual\\colinux\\varfs"
---------------
 coLinuxを再起動。

 mkswap /dev/cobd1
 mkfs.ext3 /dev/cobd2

 でデバイスをフォーマット。

 swaponでスワップを確認。
 mount /dev/cobd2 /mnt;cp -a /var/* /mnt/.
 で/varの内容をコピー。

 /etc/fstabにswap、/varのマウント設定を追加。

 再起動して確認。

12)メモリを増やして当面の環境をFIX
 最終的なdebian.confの内容は以下のとおり。

kernel=vmlinux
cobd0="D:\\virtual\\colinux\\Debian-4.0r0-etch.ext3.1gb"
cobd1="D:\\virtual\\colinux\\swapfile.bin"
cobd2="D:\\virtual\\colinux\\varfs"
root=/dev/cobd0
ro
initrd=initrd.gz
mem=256
eth0=slirp
eth1=tuntap

 このメモを書いていて気づいた...
 swapのサイズが...

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
Iron Maiden/Killers
2007-05-07-Mon  CATEGORY: 音楽


すごい久しぶりに聞いた。

やはり、いい。

Iron Maidenはこのあたりが一番好きだ。




まではよく聴いていたけど、

その後は、あまり聞いてない。

たまたま見つけた、







もPCにリッピングするために聴いたけど、

やはり自分の中では、どうもな~

という感じがする。

まあ、感情的な部分も多くて、

当時コピーしていたという事情もあるからかな。

やはり、ベーシストにとって、Steve Harrisは特別な存在だからね。

なんか見つからないので、










をとりあえず入手することに。

最近のHMを聴いてる人も、

ここら辺なら全然抵抗ないんじゃないかな~

でもおじさんと感性違うからな~

とこんなことを書いているうちに、



になってしまった。

書くのおそっ!



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Angelo / REBIRTH OF NEWBORN BABY
2007-04-19-Thu  CATEGORY: 音楽




遂にリリースされた。

なぜ、急にこれが出てきたか。

日本のバンドで、自分の中に唯一生き残っていたバンド・・・


     Pierrot


惜しくも解散してしまったが、

その遺伝子が引き継がれるであろう、

Angeloの存在を知り、

アルバムがリリースされることを知った瞬間、即予約。


発売日の今日、無事手元に届き、早速聞いてみた。


正直、Pierrotを基準にしてしまうので、

客観的な聞き方ができない。


Pierrotの遺伝子を継承して、

Angeloという個体を形成はしているが、

強烈な遺伝子が邪魔をしているので、

個体としての個性までうまく形成しきれていないという印象。


Pierrotが好きな人には素直に受け入れられると思うけど、

Angeloとして別の何かを期待している人には、

ちょっと物足りないかも。


ただ、アルバムとしての聴き応えは十分。

Pierrotを知らずに聴いた人には、

強烈なインパクトを与えられるアルバムであることは間違いない。


しばらくの間は、ヘビーローテーション決定。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
うなくん幼稚園に行く
2007-04-19-Thu  CATEGORY: 家族
昨日うなくんは、オムツをしないで幼稚園に行きました。

初めてだったけど、幼稚園ではちゃんと自分でトイレに行けていた、と

幼稚園の先生から連絡があり、よかった。

しかし、帰りのバスを降りた瞬間、安心してしまったのか、

「濡れてる」

とうなくん。

見ると、ズボンが...

恥ずかしかったのか、

「抱っこ」

というので、ズボンが濡れていたけど、

幼稚園でちゃんとできたみたいなので、抱っこしてお家へ。

その後、お家でもオムツはせずに過ごし、

寝る前までお漏らしすることはなかった。


慣れない事をし始めたからか、

ここ2日くらい寒い日が続いたからか、

風邪を引いてしまった。

今日は幼稚園をお休み。

1日家にいたが、1度もお漏らししなかった。

えらいぞ、うなくん。

この調子だと、もうオムツ卒業かな。





を聞きながら...

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
うなくんオムツをとる
2007-04-17-Tue  CATEGORY: 家族
昨日からうなくんのオムツを取る練習を始めた。

最初、とても嫌がっていたので、ずるいやい方ではあるが、

「うなくんのパンパ買わなかったら、おもちゃ買えるのにな~」

と言ったら、うなくん、

「おもちゃ買う」

「でも、パンパ買ってるからおもちゃ買えないよ」

「じゃ、ブリーフでいい」

成功しました。

ブリーフに着替えたうなくん、即座に、

「じゃ、おもちゃ買い行くか!」

だって。

「おしっこトイレットでして、パンパいらなくなったらね、
 そしたらおもちゃかえるから」

「うん、わかった。
 じゃ、行くか!」

おいおい、わかってないじゃないかよ~。

しかし、昨日は3回お漏らし、結局、

「パンパでいい~」

といって、ブリーフをはきたがらなかったので、

パンパにチェンジ。ダディの顔を覗き込み、

「おもちゃ買わない?」

「うん、まだパンパいるからね、明日、がんばろうね」

「うん、わかった」

さて今日になり、
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「”甘やかす”と”甘えさせる”」
2007-04-14-Sat  CATEGORY: 家族
さて父母会では・・・

学校というところは、子供に限らず、

「学ぶところなんだな~」

と、痛感させられました。

極端なことをいえば、子供は勝手に学んでいくので、

親が、学校と子供を通して、学ぶべきことが多くある

と、痛感した。


学年主任の先生がとても話し上手で、飽きさせない。

はじめに話をした校長先生の話が、どっか飛んじゃうくらい、

人を惹きつける話し方をされていた。

本当に上手な話し方をされていたので、思わず

「弟子にしてください」

といいたくなるくらいだった。


”話し好き” なんだろうけど、

聞き手をちゃんと意識した話し方なので、

くどくないし、楽しんで聞くことができた。


自分で一番印象深かったのが、

「”甘やかす”と”甘えさせる”」

の違い。

子供がやろうと思えばでききることを、親がやってしまう、

これが”甘やかす”。

子供が甘えたいときを察知して、しっかりと受け止めてあげる、

これが”甘えさせる”。


”甘えさせる”時は、多少、過剰になってもいい、

そのほうが子供は、愛情を注いでくれているんだと、認識してくれる。


子供を思うばかり、厳しくなってしまうのは、

親として当然だと思うけれど、

”甘えさせる”

ということを、ちゃんとやっておかないと、

子供の中に”しこり”ができてしまう。


振り返ってみると、おにいちゃんに対しては、

”否定”

することが多かったようなきがする。

”否定”ではなく、”正す”ということが、うまく出来ていなった。

それを気づかせてくれた父母会だった。


子供のほうが素直な分、敏感に反応する。

特に、自分に余裕がないとき、

子供に対しても、いい加減になってしまっている。

子供に対応する時は、自分がどんな状態であろうと関係なく、

接してあげないといけない。

子供を育てているのではなく、人を育てているんだよね。

自分がどう育てたいかではなく、

「子供がどう育ってほしいか」

もう一度、自分自身に問い直してみようと思う。


一番、学ばなければいけないのは、

親となった自分、子供は親を見て育つ。

いろいろと考えさせられた。

最後に、父母会資料に添えらていた、

子供の心情を如実に表した詩を紹介します。


    誰がほめようと
    誰がけなそうと
    どうでもよいのです
    畑から帰って来た母が、
    でき上がった私の絵を見て
    「へえ」
    と ひと声
    驚いて くれたら
    それで もう
    十分なのです


    富弘



ページトップへ  トラックバック1 コメント0
こんなことなら連れて行くんだった!!
2007-04-13-Fri  CATEGORY: 父母会
今日はおにいちゃんの小学校の父母会があった。

周りに知り合いも少ない、およそ社交性という言葉とは縁遠い、

ダディは、1時間くらいで終わると思っていた。
(学校からのお知らせには開始時間しか書いていなかった)

1時間くらいであれば、おにいちゃんとうなくんは、

お留守番できる時間。

連れて行くとうるさいし、ちょっと雲行きも怪しかったし、

ということで、二人でお留守番をさせて、学校へ。

学校について、黒板のスケジュールを見ると...

学年全体で50分、クラス毎で50分、教室の移動も挟むと2時間!

やばい...

おにいちゃんは大丈夫だけど、うなくんは2時間我慢できるか???

しょうがないので、学年全体の説明が終わった後、

担任の先生に事情を説明し、クラス毎の方は不参加。

PTA役員などを決めることにもなっているみたいだったので、

ちょっとやばいかな?

と思いつつも、子供の安全には代えられない。

帰宅したら、

どちらもゲームに夢中でした。

うなくんはダディを見た瞬間、

「ダディ~、どっかいってたのかよ~」

って。

おいおい、

お出かけするからねって、お留守番のときの合言葉も確認しただろ!





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
うなくんの初登園
2007-04-10-Tue  CATEGORY: 家族
今日はうなくんの初登園。

お兄ちゃんとお約束したとき、隣にいたうなくん、

「ぼくも、ぼくも」

というので、

「じゃ、うなくんは、幼稚園行くとき泣かないこと、
 お約束できる」

うなくん、ニコニコしながら、

「うん、おやくそくできる」

といって、小指をだした。

お約束というよりは、”指きりげんまん”をしたかったみたい。

”指きりげんまん”をしたら、ご満悦の様子。


さて、肝心の初登園。

お約束どおり、うなくんバスに乗るときも泣かなかった。

えらい!

そして帰ってきて、バスから降りて、今日のご報告。

前は、

「うな幼稚園で泣いてた」

といっていたが、今日は、

「うな泣いてないよ、お約束覚えてるから」


こっちが泣きそうになった。

うなくんもだんだん成長してるのが、とてもうれしかった。




を聞きながら...
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
お兄ちゃん初登校
2007-04-10-Tue  CATEGORY: 家族
昨日はおにいちゃんの初登校。

前日から準備は万端、朝も比較的スムーズに送り出すことが

できた...と思う。

初登校なので、学校まで送ろうとしたら、お兄ちゃん、

「ここまでいい、あとは行けるから」

と、頼もしい言葉。

でも、心配なのでおにいちゃんの姿が見えなくなるまで、

うなくんと一緒に見送っていることに。

どんどん離れていくおにいちゃんを見ていて、

(まだ、小さいな~)

と、ふと思い、口に出していた。

それを聞いていたうなくん、

「お兄ちゃんちっちゃいね~」

だって、自分はもっとちっちゃいのに。


さて、お兄ちゃんと二つの約束をした。

「先生の言うことはちゃんと聞くこと」

「お友達をいじめないこと、
 自分が嫌だと思うことはお友達にもしないこと」

かなり真剣に話をしていたので、

お兄ちゃん、泣きながら聞いてました。

「怒ってるんじゃないよ、お約束だかね」

最後に”指切りげんまん”をしたら、やっと笑顔に。

お兄ちゃんしっかりね!




を聞きながら...
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
DragonForce / Inhuman Rampage
2007-04-08-Sun  CATEGORY: CD5枚一気買い




飛ばすな~~

気持ちいいくらい、飛ばしてるな~~~

ちょっと飛ばしすぎじゃないかな~~~~


でも、集中して聞くと、聞き入っちゃうな。


この速さで5分以下の曲がないのか、

お、バラードが一番短い。


これからパワーメタルの代名詞となるバンドなのかな。

でも、最近のパワーメタルバンドをよく知らないから、

なんとも言えん。

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 思いつくままに. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。